1日1家事隊

家事に終わりはありません。だったら、少しでも楽しくやっちゃおう!1日1家事隊では、日々追い立てられるようなキモチになる 掃除や料理、やろうやろうと思ってる裁縫、お片づけや頭の中のこと、、、気になっていたけどやれていなかった色々なことは全部1家事と認定!長く続けるためにも その日の自分のスキマ時間に合わせて無理のない程度にやるのが1家事ルール♪
そんな毎日のちょっとした行動をFaceBookの非公開グループページで報告をし合っています。今日の自分の頑張りを認めて励ましてくれる仲間の存在は、明日の1家事への活力のひとつ。
コメントの中でいただいたアドバイスや知らなかった情報を得ることも、モチベーションを高く保ち続けています。
あなたも1日1家事をやって見て見ぬふりをしていたイロンナコトに楽しく向き合ってみませんか?

2018年12月26日水曜日

新しい年を迎える前に、ご報告。

こんにちは、1日1家事隊長の花垣です。

先週末、13期が終了しました。
毎回、”やってよかった。。。”という想いが
身体の底からゆっくりと湧き上がってきます。

みんなの成長を感じることはもちろん、
終わらない家事そのものを楽しめたり
いろんな発見があって学びが多い!

挙げればきりのない”やってよかった”の数々の1家事DAYSですが

ちょっと、、、

いや・・・かなり勇気をだして出した答えは、
次期開催を未定として、
しばらく充電期間に入ろうと思います。



あっ、
イヤになったわけでも
やりたくなくなったわけでも
問題が起きたわけでもありません。


これまで4年半、1家事の運営をしてきて、
最初の頃は、
自分がやっていることは仕事としてアリなのか?
と、悩んだこともありました。
でも、ビジネスに疎い私はよくわからず・・・。

1家事が、いわゆる流行りの”コミュニティ”だったんだ、
と知ったのはだいぶ後になってから。
SNSの普及でいつのまにかコミュニティの時代となりました。

溢れる競合の中、1家事を選んでもらうために
もっと工夫できることはあるだろうか?と
来年の14期について考えるうち
今まで季節に合わせてルーティンで開催していたものを
一度壊してみたくなったのです。


ほ ん と う は ど う し た い ?


そんな問いが出てきました。

この4年で組み立ててきたものを壊すのは勇気がいるけれど
もうすぐ新しい年号に変わり、いろいろなものがリニューアルするこの時代に
立ち止まることを選択したい。


先日、昔の期のオフ会があって、そこで久しぶりに会った隊員から
「タイチョー、1家事を作ってくれてありがとう!」
と後日メッセージが来ました。
今までのいろんなことが頭の中を駆け抜けて・・胸が熱くなりました。



家事を楽しむことを伝えるのを使命と思い活動してきて
それゆえに1家事に思い入れがありすぎて
見えていないものがあるような気がしました。

1家事が好きすぎて、見えない。

そんなこんなで、いったん立ち止まりたい。



参加する人がどうすれば結果が出るか?満足いくか?
というのをずっと考えてきたけれど

私が何をしたいのか、どうしたいのか、を
過去の隊員はじめ、いろんな人と会って
たくさんたくさん考える時間を過ごしたいと思っています。

その上で、これまで、そしてこれから1家事に関わる人にとって
いい未来を作っていきたい。


このような私都合の理由で、スタッフりんりんも
今月末でスタッフを卒業してもらうことになりました。
1年ちょっとの間、
私と1家事を支えてくれたりんりんには感謝でいっぱいです。
りんりん、どうもありがとうございます!


そしてもうひとつ。
数か月前に屋号を
湘南ライフデザインからミライフデザインに改めたけれど
このブログも、アメブロのほうも
アカウントは湘南ライフデザインのままになっています。

未来の暮らし(ミライ・ライフ)私の暮らし(Me Life)
という気持ちを込めてミライフデザインとしましたが
アカウント、そして自分の中で中途半端。
完全に気持ちが移行しきっていない部分にも気づかされました。

どうしたいのか、という問いに答えが出たとき
ミライフデザインでもなくなるかもしれないとも思います。

1家事や、ミライフデザインを一旦フラットな状態にして
もう一度組み立てていく、、
最初は考えるだけでドキドキしたものの
今はとてもワクワクしています。



そういった諸々の事情もあり、
こちらのブログも、引越を考えています。
新しいブログについてはこれからですが、
1家事ブログと個人のアメブロを統合する予定です。
年内をもってこのブログサイトへの投稿は最後になります。

来年は、新しいブログでまたお会いできることを祈っています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

長々と読んでいただき、ありがとうございました。

花垣

0 件のコメント:

コメントを投稿