1日1家事隊

家事に終わりはありません。だったら、少しでも楽しくやっちゃおう!1日1家事隊では、日々追い立てられるようなキモチになる 掃除や料理、やろうやろうと思ってる裁縫、お片づけや頭の中のこと、、、気になっていたけどやれていなかった色々なことは全部1家事と認定!長く続けるためにも その日の自分のスキマ時間に合わせて無理のない程度にやるのが1家事ルール♪
そんな毎日のちょっとした行動をFaceBookの非公開グループページで報告をし合っています。今日の自分の頑張りを認めて励ましてくれる仲間の存在は、明日の1家事への活力のひとつ。
コメントの中でいただいたアドバイスや知らなかった情報を得ることも、モチベーションを高く保ち続けています。
あなたも1日1家事をやって見て見ぬふりをしていたイロンナコトに楽しく向き合ってみませんか?

2018年12月24日月曜日

先週末ゴールした13期メンバー、イチカジを振り返ったアンケート!

メリークリスマス☆彡♪ 1日1家事隊長の花垣です。
先週の金曜日は、13期の最終日でした。




50日は、長いようであっという間に過ぎ去ってしまいます。
イチカジを通しての一番の想いは意識を変化させること。
家事がなくなるわけでもない、
全て外注できるわけでもない、
やらなきゃいけない家事だからこそ、
イヤだな~~と思う気持ちが減るだけで
暮らしの質は上がっていくと思っています。

自分で挙げた目標や、お題をコツコツ進め、
そして仲間のイチカジを見て影響を受けたりして
少しつづ、家事への意識も変わっていったことが垣間見れて
ほんとうにうれしい、50日目となりました。

少し長くなりますが、13期メンバーからのアンケートを一挙ご紹介しますね!




●1家事に参加する前、家事に対してどんな悩みや不満、想いを持っていましたか?

①自分ばかりがやってて、誰も手伝ってくれないと思ってました。
放置・熟成も多かったから、やろうと思ったときにやることも多くて、大変だった〜

②やらなくてはいけない事が山ほどあるのに、腰が重くて「ま、いいか。」になってしまいそのまま放置。 汚い所はいつまでも汚いまま。

③できれば動きたくない。
何やればいいか分からない。


④なんか終わらない感じ
仲間がほしい感じ


⑤家事は基本的にやりたくない!忙しさを理由に後回しにしまくってました

⑥ただただこなすもの。終わりがないもの。

⑦やりたいけどできないモヤモヤ、やらなきゃなーという義務感。できないことに対するイライラ。

⑧見て見ぬふりしている汚れや散らかりが、結構気持ちを圧迫している。

⑨やりたくない。面倒くさい。

⑩自分の思考のパターンってなかなか変えられないなー。自分は手強い

⑪やり方がわからない(掃除の仕方を教わって来なかった気がする)、どこから手をつけてよいかわからない、一度掃除してもその綺麗さをキープできない、忙しさにかまけて掃除が後回しになってしまう

⑫家事は終りがなくて、やらなきゃと思いながらも後回しにすることが多かった。

⑬家事はタイヘンで手間と時間がかかるもの。と思っていました。できれば外注したいことととらえていました。

⑭色んな所が散らかってる

⑮パッと動くまでに時間がかかってしまうのが悩みだったー。
ソファでスマホしてしまうし!
今はスマホ10分=家事10分!と唱えてるよ☆


⑯モノがマックス、頭も色々なことでパンパン、飽和状態でした。
ここでリセットしたいな〜と思っていたタイミングでした。

⑰毎日の生活でいっぱいいっぱいで、プラスワンの家事が出来ていない、
気にはなっているけれど放置していることが多過ぎる!



●1家事隊に参加して 暮らしや思考に変化があった場合、どのような変化がありましたか?

①大掃除も早くからスタートさせ、細かく分かれば、1人でやってても苦ではなかった。そして、旦那隊員にお願いするのも、週末にひとつだけだと、大物一家事でも丁寧にやってくれた。昨年は土日でやってほしいことがたくさんだったから、ちょっとケンカっぽくなったな〜(笑)

②今期は不測の事態が起きてしまい、最大の目標大掃除を終える事はできなくなってしまったのが残念。
交流も8期の時ほどできなかったのが心残りです。
でも、皆んなが頑張っている姿を見て、重い腰を上げる事ができました。
褒められるのはやっぱり嬉しいですしね😊
家事、以前よりは嫌いではなくなったかな。


③みんなの投稿に背中を押され、今まで見る勇気が出なかった冷蔵庫上の掃除ができた!
自分で決めた毎日のノルマ、キッチン掃除。毎日キレイにすることでハードルが下がった!


④タイマーでルーティン家事の時間を測ったことで、退屈な家事でも時間が読めるようになり取りかかれるようになりました。

⑤時間がないからやらない、のではなく、隙間時間を活用して少しでもやってしまおうと思えるようになりました

⑥11期が終わったあとも、何かいつもと違う気づきがあると、イチカジで報告出来るなぁって考える自分がいました。
13期に参加して、報告出来る楽しさを改めて感じたり、仲間の投稿を読んで真似したりすることで、毎日に張りが出来ました!


⑦家事に対するネガティブな義務感が激減。すきま時間に少しずつでも実行したことを記録したことで、達成感と次への取り組み意欲が湧いてきたのもすごい効果。
あとはこの活動通じて、毎日少しずつ掃除をしていけばキレイがキープできるのが分かり、休日しっかり休むことができるようになりました!

⑧いつも散らかりがちなもの(特に洗濯物、放置している鞄から末っ子がぶちまけるもの)を
意識して片付けるようになった。
まずは片付いていないと、掃除まで辿り着かなかったので、少しは進歩したと思う。
一番下の子供がまだ1歳で、本当に思うようにいかない家事。

加えて4人の子供たちがひとたび体調不良に陥ると、一大事になって、上手くまわらずすぐに荒れる家。
でも、もう少し子供が大きいみんなの生活を垣間見て、

私もいつかそんな風に時間ができるときがくるから大丈夫、
今は完璧にやれなくてもいいときだって思えるようになりました。
ゆっくりご飯作るのも、気になったところをその時に手をつけることも、

お出かけすることも(特にパッと行く山登りが羨ましかった!)できるときがくる。
だから焦らない、自分にはできないと悲観しない。
末っ子が入園する2年ちょっと先、やりたいことが思いっきりできるように、

体力を衰えさせずもっと元気になっておこうと思いました。

⑨やりたくない・面倒くさいと思うのは、
熟成させてしまったために作業が何倍も大変になってしまうからということに気付きました。
早めにサッとやっておけば実は面倒くさくなかった。
そのうちルーティン化され、無意識にできるようになり、
「あ!あれやらなきゃ!」と思って見てみたらもうやってあった!という驚きの事実も実際ありました!
「あれ?鍵かけたっけ?」と思って確認したらちゃんと鍵がかかっていた、というのと同じ感じです。
ここまで変化したなんて自分自身にビックリしています。

⑩思考のクセに向き合う良い機会になりそこに向き合う腹が決まりました

⑪隙間時間に5分でできる片付けなどをさっとできるようになった、
クエン酸やセスキなどから自分で洗剤を作る楽しみを覚え、
いつでもどこでもスプレー片手にささっと掃除できるようになった、
休日もダラダラせずに時間を効率的に使えるようになった
(平日の帰宅後も同じモードでもう少し計画的に動けるようになりたい)、
スケジュール帳を活用して、一週間の予定を以前より計画的に立てられるようになった。

⑫家事にかかる時間がわかって、スケジュールを立てやすくなった。
5分家事が身に付いて、自信とゆとりができた。
空き時間の使い方を考えるようになった。
毎日が更に楽しく思えるようになった。
家にいたい!片付けがしたい!と思うようになった。
仲間からのコメントが嬉しくて嬉しくて、1人じゃない、よし頑張ろうと思えるようになった。
そうじは化学を学んで掃除の方法が変わった。
書くことで頭を整理する事を学んで、書く習慣ができた。
皆と同じじゃなくてもいい、自分が心地いい事が大切なんだと思えるようになった。
不思議な一体感があって、しあわせな気持ちになれた。
できてもできなくても、今の自分を受け入れて、また頑張ろうと思えるようになった。
家事をすることを楽しむようになれた。
皆に感謝💕乾杯🍸

⑬なんだ!やれば自分でできるじゃ~ん! 5分でこんなことも、あんなこともできちゃう感覚を教えてもらえた感じです。

⑭皆からやる気を頂きました🎵

⑮朝のルーティンが 部活の基礎練化した!
で、基礎練しながら家中を「よく見る」ようになったよ。おかげでMMFや、YKK?だっけ?(汚れてる事も気づかない)を見つけてやってみることができた!


⑯色々なことが起こり、イチカジのスケジュール通りには全く進められなかったけど、みんな、それぞれ置かれた環境で、日々がんばっている姿を垣間見れて、とても励まされました。進めたいこと、忘れていたこと、投稿を通して思い出させてもらったり、迷走してしまいそうな頭の中を、ずいぶんと整理できた気がします。オフ会でみんなに会いたかったよ〜〜!

⑰やればできる!やったら気持ちいい!ということを再認識できました。


++++
オフィシャルの期間は終わったけれど、イチカジの輪はこれからも続きます。
1家事筋がついて、頭の中の整理が進むと更に色々と変化していきます。
目の前にある暮らしを楽しむことそのものを、これからも続けていって欲しいな!

よいクリスマスを♡




0 件のコメント:

コメントを投稿