1日1家事隊

家事に終わりはありません。だったら、少しでも楽しくやっちゃおう!1日1家事隊では、日々追い立てられるようなキモチになる 掃除や料理、やろうやろうと思ってる裁縫、お片づけや頭の中のこと、、、気になっていたけどやれていなかった色々なことは全部1家事と認定!長く続けるためにも その日の自分のスキマ時間に合わせて無理のない程度にやるのが1家事ルール♪
そんな毎日のちょっとした行動をFaceBookの非公開グループページで報告をし合っています。今日の自分の頑張りを認めて励ましてくれる仲間の存在は、明日の1家事への活力のひとつ。
コメントの中でいただいたアドバイスや知らなかった情報を得ることも、モチベーションを高く保ち続けています。
あなたも1日1家事をやって見て見ぬふりをしていたイロンナコトに楽しく向き合ってみませんか?

2018年9月7日金曜日

「今」わたしにできること

 
こんにちは!  
1家事スタッフのりんりんです。
 
 
大型の台風、北海道の地震・・・と自然災害が続きましたね。
 
関西地方には1家事メンバーも多く住んでいますし、
北海道は、一時期住んでいたことがあるので、
ニュースで知ったとき、胸がギューっとなりました。
 
 
 
地球って生きているんだな
地球に住んでいる以上、人間にコントロールできないことってあるんだな
 
と、感じます。
 
 
 
 
決して人ごとではなく、自分の身にも明日起こるかもしれない。
 
でもだからこそ、
 
わたしに今できることは
 
一緒になって不安になることではなく
 
 
心穏やかにすごすこと。
 
大好きな人に「大好きだよ。」と今、伝えること。
 
 
それが自分を、そして子どもの心を守ることにつながるのだ、と思います。
 
 
これは東日本大震災を経験した際に、わたしが強く思ったことでもあります。
 
 
 
 
わたしには
 
「お母さんは子どもの安心基地でありたい」
 
という想いが強くあります。
 
わたしの子どもにとって、お母さんは世界でわたし一人。
 
 
お母さんの不安な気持ちは、子どもに必ず伝わる。
 
お母さんの笑顔は、子どもに安心感を与える。
 
そう思っています。
 
 
 
だから、こんな時だからこそ
 
必要以上にニュースを見て、不安になることにフォーカスするのではなく、
 
今目の前にある小さな幸せにフォーカスをしてすごしたいと思います。
 
 
そして、わたしが暮らしの中でできる
 
 片付けで安全性をUP
 
 防災グッズの見直しをする
 
 備蓄食材を見直しする
 
 義援金を送る
 
といった具体的な行動をしようと思います。
 
 
みなさまが心穏やかに暮らせる日が1日も早く来ますように。
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿