1日1家事隊

家事に終わりはありません。だったら、少しでも楽しくやっちゃおう!1日1家事隊では、日々追い立てられるようなキモチになる 掃除や料理、やろうやろうと思ってる裁縫、お片づけや頭の中のこと、、、気になっていたけどやれていなかった色々なことは全部1家事と認定!長く続けるためにも その日の自分のスキマ時間に合わせて無理のない程度にやるのが1家事ルール♪
そんな毎日のちょっとした行動をFaceBookの非公開グループページで報告をし合っています。今日の自分の頑張りを認めて励ましてくれる仲間の存在は、明日の1家事への活力のひとつ。
コメントの中でいただいたアドバイスや知らなかった情報を得ることも、モチベーションを高く保ち続けています。
あなたも1日1家事をやって見て見ぬふりをしていたイロンナコトに楽しく向き合ってみませんか?

2018年7月11日水曜日

1日1家事12期のご感想 パート2

こんにちは!1家事隊長の花垣です。
梅雨が明け、厳しい暑さがやってきました。

大雨の影響はまだまだ続いていますね。
被害にあわれた方々、そして地域の一日も早い復興を祈ります。






12期が1か月半の活動を先月終えました。
終わって少しペースもノンビリ~となったタイミングで
サポーターAちゃんの自主企画がなんと
”ダンナさんとのなれそめを聞かせて”というもので
妄想が多いに沸く言葉だらけで
またコメント欄が大いに盛り上がりましたよ~~

ということで、12期メンバーの1家事の活動を終えた感想Vol.2を
ご紹介したいと思います。

→Vol.1はコチラ

Before 
■1家事に参加する前、家事に対してどんな悩みや不満、想いを持っていましたか?


・何からはじめればいいか分からない。

・掃除へのハードルがすごく高くて。
あと、MMF(見て見ぬフリ)案件がどっさり、後回しにしてしまってました



・やってもやっても終わらない家事が辛かったです。


・家事=義務 家事するのが当たり前で、特に誰も褒めてくれない


・家事は面倒なもの。煩わしいもの。負のイメージのみでした。


・私の母も仕事をしていて、家事は苦手。
そんな母を見ていた為だけではありませんが、
まず、家事で料理、洗濯以外何をしたらいいか、実はよくわからないままでした。 でも、なんとかしたいという思いはありました。


・ライフスタイルが変わって、
今まで以上に時間に追われる毎日で、
家事や暮らしのリズムも乱れがちに。 1家事でもう一度暮らしを見つめ直したいなぁと思ってました。






1家事に参加する90%以上の人は家事は苦手。
タイチョーである私だって、今でも得意とは言えません。
でも、どうせやらなきゃいけない家事なら
少しでも楽しく、少しでもラクになれたらうれしいですよね。
いえ、ラクでも楽しくなくても、
やらされている、という感覚がなくなるだけでも
家事への向き合い方は変わります。


そんなメンバーの、終了後はこのように変化しました





After
■1家事隊に参加して 暮らしや思考に変化があった場合、どのような変化がありましたか?

今日は何やろう?と「動く」ことができ、
忙しかったけどこれはできたぞ!と、
それを報告できたことで小さなことでも「結果」になった。 ダラダラと家事を1人でやるよりも張り合いが出て楽しかった。


とにかくやってみようと思えるようになった!
掃除もこういう風にやってるのか〜とすごく参考になって、
ハードル下がりました。
せっかく参加したから、この際にMMFしてたものもやろうと思って、
少しずつ取り掛かってるところです。
脳内家事が減って気持ちが軽くなりました♪



長年、私も食事作りは手作りでなくちゃという志向にとらわれていて、
でもなかなか出来なくて、そんな自分を責めていました。
でも今回12期に入れてもらって、メンバーのエピソードを聞き、
〇ちゃんに教わったカンタンしらす丼のすごさを実感した
(5分で作ったのに、家族が美味しい美味しいと喜んだ)ことで、
『そうか!疲れていてもカンタンに作れる一品を、多く持てばいいんだ!』
というひらめきが生まれ、
積極的に時短料理を探求しようという新たなテーマを見つけることができました。



家事=ツライものという固定観念から逃れられること。
たかが家事されど家事、家事は家事でも自分が、
そして家族がステップアップできる家事があると知れたのが嬉しい。 なかなか実行に移すのは難しいけれど、
やれば必ず褒めてくれる仲間がいるから、最初の一歩を踏み出そうと思える。
すごくいいシステムだなあと思います。



自分にとっての快適さや価値観について気づきや考えたことがありました。 例えばトイレの仏様の有難い話。
素敵だな〜素晴らしいなと素直に思う。
だけどやっぱりトイレ掃除が大好きになる訳ではない。 以前ならそこに後ろめたさがあったけど、
そう感じる自分を受け入れ「みんな違ってみんないい」と納得出来てきたと思います。



家事に対する意識や考え方がまずかわりました。
家族が気持ち良く過ごす為に、
自分のできるところからやればいい事に気付く事ができました。
また、一緒に一家事をやる仲間がいることにより、
モチベーション高く家事をこなすことができました。
そして、家族も協力してくれる事があったり、
自分も穏やかな気持ちで過ごせる機会が増えました。



みんなの家事投稿はとても刺激になりました。
KAJITIMEで家事の時間把握は特に暮らしに有効でしたー。 洗濯物干してたら遅刻だー!と慌てる朝も、
いや10分かからないよ!と焦らなくなりました。





12期のオフィシャルのゴールは終わりましたが
家事にゴールはありません。
いくら家事が上手になっても
失敗することはあるでしょう。


大切なことは、気持ちの持って行きかたです。
終わらない家事をどう思うか?
起きたことを、どう思うか?


すぐに気持ちが変わるわけではないけれど
家事にコツコツコツコツ向き合うことで
心の持ちようも変化していきます。

12期は終わったけれど、
心の変化は始まったばかり。

これからも引き続き、
みんなで楽しんでいって欲しいなーと思います。




ブログ村のランキングに参加しています 
\\クリック↓いただけると励みになります//

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ







0 件のコメント:

コメントを投稿