1日1家事隊

家事に終わりはありません。だったら、少しでも楽しくやっちゃおう!1日1家事隊では、日々追い立てられるようなキモチになる 掃除や料理、やろうやろうと思ってる裁縫、お片づけや頭の中のこと、、、気になっていたけどやれていなかった色々なことは全部1家事と認定!長く続けるためにも その日の自分のスキマ時間に合わせて無理のない程度にやるのが1家事ルール♪
そんな毎日のちょっとした行動をFaceBookの非公開グループページで報告をし合っています。今日の自分の頑張りを認めて励ましてくれる仲間の存在は、明日の1家事への活力のひとつ。
コメントの中でいただいたアドバイスや知らなかった情報を得ることも、モチベーションを高く保ち続けています。
あなたも1日1家事をやって見て見ぬふりをしていたイロンナコトに楽しく向き合ってみませんか?

2018年6月20日水曜日

私の防災ポーチ

このたびの大阪北部地震で
被災された皆さま、そして今なお不安の渦中にいる皆さまが
一日も早く日常に戻れるよう心よりお祈り申し上げます。

夫の実家が関西なので心配しましたが
早い時間に電話も繋がり、
1家事隊員のみんなの無事も
Facebookで確認できて安心しました。



今日は、私、花垣が遠出(都内など)をする時の
携帯用防災ポーチをご紹介したいと思います。

いつどこで何が起こるのかわからないのが災害。
わかっちゃいるけど、
防災ポーチを持ち歩く習慣がなかなかつかず・・・

遠出の外出はどうしても荷物が多く、重くそしてかさばるので
真っ先にポーチを抜いてしまうんです。。



これじゃいかん!と、私がとった対策は
化粧ポーチと合体させることでした。


ちょうど雑誌の付録でついていた化粧ポーチを見て
チャックが2つに分かれていたので
化粧用と防災用に分けて使えそう!と思って購入。
荷物重いからやめよう、とならないように
強制的に持てるようなモノにしたおかげで、
やっとお出かけの時に持つようになりました。


片側に微々たる化粧グッズを入れ、
もう片方に防災グッズを入れています。




防災側の中身をご紹介しますね。
・携帯トイレ
・アルミシート
・マスク・・・大人・子供用
・消毒綿
・絆創膏
・ホイッスル 
・ハサミ
・裁縫道具・・・針と糸、安全ピン
・リップクリーム(→口の他、クリームとして身体の保湿にも使える)
・ナプキン(→怪我の出血にも使える)
・レジ袋・ビニール袋(→荷物を入れる他、止血にも使える)
・小銭(→災害時は小銭が大事)
・とげぬき(→かなり重要!下記参照)


この中身は 2016年10月に防災講座をしたのですが
その時に親子防災コーディネーターの馬場友紀さんのお話を
参考に揃えてみました。
注:上記カッコ内(→)はその時に聞いたことも記載させていただきました。


馬場さんのお話の中で私の印象に残っているのがとげぬき!
割れたガラス、木などが刺さっている可能性が高いけれど
とげ抜きは初期の支援物資としては配られにくいモノだそう。
小さなとげ、小さなガラスが刺さるとかなり痛いですよね。
子供は我慢できません。
私はササクレでも音をあげる軟弱者なので、
ガラス痛すぎる~~!!
と、妄想でかなり痛かったので、
これだけは即効、化粧ポーチに入れて持ち歩いてました。
とげぬきは大した重さでもないので
ぜひ防災用として1本準備されることをオススメします。


あ。
先日使ったので入れるの忘れてましたが、
いつもは使い捨てコンタクトも入っています。
近眼の人はスペアを持ち歩きましょう。
私も、これを書いたら入れます!
ちなみに、家の避難袋の中には昔の眼鏡を入れていますよ。


そして、このハサミを見てください~~。
看護師として救急箱を持って全国を飛び回っている母からもらいました。


これは、飛行機の手荷物検査で引っかかりません!(※私調べ)
物産展?みたいなところで見つけたらしく、
母は見つけると買って、仕事仲間にも配っているようです。

携帯用ハサミはペンタイプのものが主流ですが
先がとがっているので没収されてしまうんですよね。
以前、国際線で眉毛用のハサミでさえ持って行かれました・・・
飛行機に乗る機会の多い人にはオススメです。
(母は今まで国内・海外含め全て大丈夫だったそうですが、
NGになってしまっても自己責任でお願いします)



重い、重いと持てなかったお出かけ用防災ポーチ。
実際の重さってどんなもんなんだろう?

まずは、いつも持ち歩く化粧ポーチ全体の重さを計ってみたら471gでした。
微々たるものですが化粧品も入っています。



防災グッズだけを取り出してみると、なんと231g!!!!



たった230gくらいを、重いだのかさばるだの言ってたのか・・・

ちなみに、いつも使っている財布を計ったら205gでした。
小銭がちょうど少なかったので、ほぼ同じくらいという感覚でしょうか。
財布と同じくらいの重さなら持てるわ、と思えました。




そして、上の化粧ポーチの他に外出の際に持ち歩いているのはコチラ。
重さは782gです。


・モバイルバッテリー
・USBコード
・コンセント
・お菓子
・お水(中身入ってます)

ここに映っていないものはティッシュとハンカチでしょうかね。


実は過去に、都内に出かけた帰りに地震が起きて
電車が止まってしまい、充電もなくなってしまったことがあるんです。
横浜駅で停まってしまい情報がなく、
どの路線が動いてるのか?どうやったら帰れるのか?
家にも電話できず、とても不安でした。
その経験から、モバイルバッテリーは持っているけれども、
外出先でコンセントがある場合は了解をいただいてから
コンセントから充電をさせていただくようにしています。
なので、あえてのコンセントからの充電なので
バッテリー持ってるじゃん!と言わないでくださいね~💦


水分とお菓子もやはり経験から。
学生時代にスーパービュー踊り子号の乗務員アルバイトをしていたんです。
(海岸線のアナウンスもできますよ~~!宴会芸として使っています笑)
あの電車、当時は強風ですぐ停まっちゃうんですね。
私が乗ったものではないですが
最大6時間、停まった車両もあったと記憶しています。
そうなると何がコワイかというと、車内販売、車内自販機の
飲み物・食べ物が底をついてしまい
車内がパニックになってしまったと聞きました。
幸いにして私の時は停車が2時間くらいだったのですが
やはり鬼気迫るものを感じました。

なので、水筒、もしくはペットボトルを必ず持つようにしています。
それこそ重いので、肩も凝りますが・・・



避難ポーチは市販でも売っていますが
環境や、特に子育て世代は揃えるものが変わっていきます。
防災ポーチ、 避難ポーチ、で調べると
色々な方のポーチの中身を見ることができます。
100均でも手に入るものも多いので
ぜひご自身に合ったポーチを準備してみてくださいね。





ブログ村のランキングに参加しています 
\\クリック↓いただけると励みになります//

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ


0 件のコメント:

コメントを投稿